2009年10月31日

マウスに疲れたらジェスチャで―― PC を空中で操作する

海外ソフトウェアのローカライゼーションを手がけるネクステッジテクノロジーは2009年10月20日、同社が開発した次世代ポインティングシステム「aeroTAP for Windows」の販売開始を発表した。

眼鏡

aeroTAP for Windows は、マウスやキーボードなしで、離れた位置からコンピュータやアプリケーションを操作できる次世代ポインティングシステム。独立行政法人産業技術総合研究所の技術指導のもと、同社が製品化した。離れた場所から Web カメラを介して簡単なジェスチャでコンピュータを操作できる、非接触型のインターフェイス。リモートコントローラは必要ない。 PC の既存の汎用アプリケーションを、を安価な Web カメラのみで操作できるようになる。


aeroTAP では、高速画像処理と変化矩形領域の多段階検出という独自計算で、カメラ画像からユーザーの意図する位置座表を検出する。

映画で出てくるようなシーンが

日常でも出来るという事で

すごい時代になったなぁと

思いました。
posted by ささおか at 20:44| Comment(1) | PC開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://blog-incomekeizoku.seesaa.net/article/191939571.html
自動的に被リンクが増加します。
Posted by 被リンク増加パーツ at 2012年10月20日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。