2009年05月15日

PC小型化とウエアラブルへの発展

PCの小型化は
いつでもどこでも

ネットが使えるように
なった事がさらに
利便性を加速させた。       



TV
家電量販店では、パソコンコーナーを

歩くと0円PCの広告が

大きく出て目にとまるようになった。

・・

安く使えるようになったのは

良い事だがDVDやソフトが簡単に

利用できない等の不便さもある。



これから導入を考えている人は

使う目的を明確にした上で

これらのPCを買い求めるべきだろう。



PCは小型化される事で持ち運びが安易になり

いつでもアクセスできる環境を実現させた。

少し前はパームトップ等のウエアラブルや

モバイルPCも広まるかに

見えたが、使い勝手の所でいまひとつ

利便性に欠けたのだろう。


最近出てきたスマートフォンは

海外メーカーで大きなシェアを

持ち日本の携帯メーカーにとって

脅威の媒体だと思う。



こういった分野でも

普及が加速するとさらに

ネットが果たす役割も

大きくなっていくので

メーカーの技術開発と

また消費者が必ずしも

細かすぎる操作を必要と

しているかどうか

あわせて価格競争など

消費者サイドに立った

戦略もも

海外で広めることが

できるかどうかの物差し

になっていると思う。


posted by ささおか at 15:14| Comment(0) | PC開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。